osa2's memo

自分の記憶のために・・・。

言葉を発しない購入者たち

最近、フリマやオークションで一言も発しない購入者が多くて辟易としている。匿名匿住所、定型文評価で金額以外ほぼクリック・タップのみ。

もちろんこちらがショップで相手がお客様だ、というならまだ耐える余地はある。しかし個人間売買で、クレーム以外に言葉を発しない。もしかして買い手はbotなのでは?と思うと、売り手としても心を込めて・・・もなんだか虚しくなる。しかし手抜きをすれば評価のタップは容赦ない。

ショップにしても、「ありがとう」の一言に救われる思いを感じる人はいると思う。しかし言葉を発するというのは「自分の意思を伝える行為」。ということは、自分というものを隠したい、とにかく見せたくない、個人情報保護、機械的にサクッと終わらせたい。そういう気持ちが働いているのだろうか・・。

半世紀前に「お客様は神様でございます〜♪」などとうっかり言った人のためにかどうかは知らないけれど、ネット世界の買い手はもはや「神の見えざる手」くらいに希薄。いるかどうかもわからない。

昔が良かったか、なんて正直良くわからない。いつの時代だってお人好しもいればならず者もいる。ただ、ITで便利になった先に何のコミュニケーションもなく、殺伐とした風景が広がってきているように、私は感じている。

フリマもオークションも、売り手はもう辞めようと思う。

== END ==