osa2's memo

自分の記憶のために・・・。

紙の手帳、良いと思います♪

今週のお題「わたしの手帳術」

うんうん、9月といえば「手帳」ですね。もちろんカレンダーもTODOもアドレスもちょっとしたメモも、いまやスマホで完結できる時代です。が、私、天邪鬼なので(笑)ちゃんと紙の手帳も持っていて、「オブジェ」として楽しんでいます♪

ドトールとかでも時々見ますね、御年輩の方が手帳にこまごまと書き込みをしている。あれはかなり素敵な光景ですよ。個人的にはそう思います(たとえそれが今日のメインレースの勝ち馬予想であっても!)。

もうひとつ。紙の手帳の素敵なところは、AppleにもGoogleにも管理されない、というところです。AppleiPhoneを日本に出して、その翌年にAndroidが日本で売り出されて、もう10年です。今ごろになって「Googleすげぇ」とか言ってる人は、残念ながらかなり「遅れてる」方にいます。ビッグデータが、とかいうのはビッグなデータを集められる人だけが美味しい話なのであって、この夏のGDPRのように、テクノロジーの世界の中だけでなく、「私の情報は私の財産だ。勝手に持っていって利用するな。」という流れ、反動が起きはじめています。

一方で、スマートな電話といえばもう世の中にはiPhoneAndroidしかなくなっちゃった(他にもいくつか細細とはありますよ。でももう寡占を崩す力はない。潰されたんでしょうね)。彼らに一切の情報を差し出したくなければ、紙の手帳はとても良い選択です。

それに、スマホやスマートウォッチなどで武装しても、結局、明日絶対やらなきゃいけないことは自分の手で書き、刻まねばならないのです。私だって紙の付箋とか使います。一瞬で目に入ってきますから。手帳も電池切れしないしページを繰る手間はあってもアプリだって大差はない(アプリを開くまでが意外と面倒で(笑))。

紙の手帳なら、優雅なスローライフを楽しめると思いますよ♪