osa2's memo

自分の記憶のために・・・。

腐りゆくイデ子。

私がこよなく愛している日本版401k(確定拠出型年金)の運営先から「重要なお知らせ」が届きました。

なんと、お上の御布令により、

 運用商品を35以下にすること。

とな。いやいや逆でしょ。増やせよ。100ぐらいあってもいいぞ。斬るのはこっちの自由だから

35なんて、運用種別ごとに商品挙げていったらあっという間に埋まるぞ。リスク許容度ごとの運用選択とか、できなくなるぞ。

なにより・・・

 メインバンク様のオススメ商品だけで終わるぞ。

あちこちの年金基金の解散でこれまで精々と働いていれば確定給付でもらえたものを、確定拠出にして「あとはお前らで運用しろ」と投げ出した挙句に「ケイレツ」でご指定のクソ銘柄だけしか選択肢がなくなったら、これはもう財産権の侵害でしかないよね。

たぶんね、タテマエは「運用商品が多すぎると運用する人が混乱するから。」ですが、投資のリテラシーを育てるという時に、思考停止を強いるような環境作ったら、バカを増やすばかりになるだろうが。

自動車教習で「路上教習にでますが、教習運転中にパニックにならないように直線コースだけ行って帰ってきましょう」というようなもの。ぜんぜん実力が身につかない。で、ホンネはおそらく、

 低金利政策で疲弊している地銀を救うため。

企業はだいたいお世話になっているメインバンク様が、地縁や融資などの関係で必ずあるので、運用者たる従業員の言うことなどに耳も貸さず、メインバンク様とDCの話を進めていきますから。

で、銀行系のファンド、これがまた酷いから。サラリーマンファンドの上に、信託報酬の7割位が販売手数料。残り3割が運用サイド。それで大したことしてる様子もないのに信託報酬1%台とか。

つまり銀行がDCを引き受けて、自身や自身のケイレツのおすすめ商品で、販売手数料ビジネスをできるようにする。これで収益を差し上げよう!(だから黒田砲に堪えてね♪)ということですよ。これはただの邪推ですが(信託報酬は邪推ではなく、程度の差はあると思うものの本当にこういう構造)、どう考えても「銀行優遇」としか思えない。安くていい商品をたくさん並べているネット証券が浮かばれない。

バカがまかり通ると言うか、バカがバカを助長するようなクソなことしかしない連中、これはどこの官庁の仕業?

まぁどこの官庁にしても、まったくうちの(官吏養成学校の文系の)連中は、ほんとにロクなことしないな。