osa2 memo

自分の記憶のために・・・。

コンソール入力の日本語キーボード対応

素のコンソールでは英語キーボード配列の設定になっていることが多い。いまいじっているRaspiのLinuxもそう。

loadkey jp106

で日本語化できるのですが、そのためには /usr/share/keymaps/i386/qwerty 下の

  • jp106.kmap.gz

が必要で、このファイルから連鎖的にインクルードされている、

も必要(これらは /usr/share/keymaps/i386/include 下にある)。
といってもこれら元ネタは自分のUbuntu (12.04LTS)にはデフォルトではなかったので、

sudo apt-get install console-data

として取り込みました。

 

いただいたファイルはRaspiの方ではホームディレクトリに置いといてよくって、ログインシェルがshだったので、.profileに1行、loadkey jp106と記述。これでOKでしたぁ。

明日キーボード買ってこよ♪